痛くて痛くて

傷口は まだ 開いたまま

赤黒い液体が 溢れて とまらない

触らないで

近寄らないで

これ以上

追い詰めないで

にんげんなんて きらい。
[PR]
# by laru_s | 2006-07-19 00:56

なにもかも

始まらなければ 終わらなかったのに


そう思っていた。
[PR]
# by laru_s | 2006-07-19 00:52

見てないことを祈るよ

なんて言いながらこんなとこで言うあたりね。


ほんとはね しばらく ずっと 苦しいだけだった
悲しくて どうしていいかわからなくて 何度電話を鳴らそうと思ったかわからない

寝ても覚めても 恋しくて 会いたくて
その気持ちを無理矢理しまいこむことに精一杯だった

けど 今はね もう 大丈夫
思い出さないと言えば嘘だけど。

君が 懲りないな、と呆れてたことを繰り返してるだけかもしれないけど
僕は 今 なんとかなってるから。

2年も3年も君がそばにいて
たくさんの忠告をくれてたくさんの思い出をくれて
君がくれた言葉 ひとつひとつが まだ 僕の中にどっさり山積みだけど
忘れたりできないけど。

最後に話した時の僕の言葉、君にはひどい態度に見えたかもしれない
けど あぁでもしないと 泣いてしまいそうだった
精一杯の強がりだった。
誤解されたと思う けど それも後悔はしてない
それでよかったと思う
そうしないといけなかった。そんな気がする。

「ここで甘えたら きっと また繰り返す。」
そう、君が言ったような気がしたから。

今更になってしまったから、こんなところでしか言えないけど
言葉では とても伝えきれないほど、ありがとう。
たくさんたくさん。ありがとう。
[PR]
# by laru_s | 2006-06-18 19:18

もしかすると

敗因は

欲張りすぎ

望みすぎ

過信

そういうこと。



結果的に訪れる反動に 一番驚いてるのは 僕なんだ。
[PR]
# by laru_s | 2006-05-22 10:21

いいかげんに、ね。

気付いてもいい頃だと思うんだけどね

望むようなものなんて この世のどこにも無いってことをね。


捨てられない望みが 自分を追い詰めていることにも、ね。
[PR]
# by laru_s | 2006-05-21 01:39

虚像

掴もうとするものは いつも。

捕まえた、と思えば いつも。

信じてたのに。

唯一、だと 特別、だと 真実だと。



いつだって ひとりでくるくる。

虚像にすがって ばかばかしい とても とても 滑稽。ね。
[PR]
# by laru_s | 2006-05-19 19:41

1つ失ったからといって 全てを失うわけではない

1つ失ったことに 途方に暮れたところで いつまでもそれが続くわけでもない



けれど

それがわかっていても 慣れる痛みではない
[PR]
# by laru_s | 2006-05-13 04:12

昨夜。

君に電話している夢を 見た


「こんなに 離れたまま 死ぬのは 嫌だ

 そばに いろよ」


嗚咽まじりの 泣き声

 とても 悲しかったのは 覚えてる
[PR]
# by laru_s | 2006-03-20 10:17

あんまいぢめんといてください

僕には イチバンというほどに思う人がいてますので

あー それ 俺じゃねーな と 確信してる方々は

大変申し訳ありませんが 速やかに手を引いていただけると幸いでございます


違うものに「違う」と告げる気力すら無いというか

つまるところ余裕の無さが原因でございます ございます。はい。


言い方を変えてみるとですね


僕は今プリンしか食べませんので

あー 俺プリンじゃねーな と確信しているゼリー、ヨーグルト、寒天、その他の方々は

大変申し訳ありませんが よその冷蔵庫に入っていただけると幸いでございます


ということなんです。

いや 僕も 好きでプリンだけ食ってるわけじゃないんですよ

気づいたらプリンしか受け付けない体だったんですよ

それは僕のせいじゃないんですよ

プリンのせいでもないんですよ

ゼリーのせいでもないんですよ

ヨーグルトのせいでもないんですよ

寒天のせいでも、その他のせいでもないんですよ

わかってください、とはいいませんが 今の僕はプリンしか食べませんよ
[PR]
# by laru_s | 2006-03-05 02:26

イチバンコワイモノ

君のことが一番怖い と 言ったことがあった

君は「何も怖いことなんてない」と言った

それでも 今の僕にとって

君を失うほど怖いことなど 無いから

だから やっぱり君がイチバンコワイ
[PR]
# by laru_s | 2006-03-05 02:03